夏の暑くて寝苦しい熱帯夜でもペットボトルとダンボールで涼しく眠れる快眠法!

Sponsored Link

まだまだ暑い夏が続いていますね。夜はまさに熱帯夜といった感じでクーラーなしでは寝苦しい毎日を過ごしていると思います。

今日はそんな皆さんに涼しくぐっすり眠る為の快眠法を2つお教えします。

簡単なので是非取り入れてみてください。

ペットボトル快眠法

まずペットボトル快眠法についてです。

ペットボトル

  1. 500mlの空のペットボトルを2本用意します。
  2. これに水を入れて一晩、冷凍庫でキンキンに冷凍します。カッチカチやぞ?
  3. そしてそのキンキンに冷凍されたペットボトルをタオルで巻きます。ペットボトルについた水滴を吸う程度のもので良いのであまり分厚くない方が良いでしょう。
  4. 完成したら枕カバーの中に入れます。頭や首が当たるところではなく、枕の上の方の直接当たらないところが良いです。枕カバーに入らないようなら寝た状態で頭の上に置いておくだけでも効果があります。

これだけで冷えたペットボトルから出る冷気が頭部にあたり気持よく眠れます。

ダンボール快眠法

次はダンボール快眠法です。

ダンボール

これも方法は簡単なんですけどシーツの下にダンボールを敷くだけです。

  1. ちょっと厚めのダンボールをA4サイズか背中が隠れるくらいのサイズに切ります。
  2. いつも寝ているシーツの下に敷きます

こうすることで布団と背中が密着せずに通気性が良くなるので汗が蒸発しやすくなって快適に眠れます。

補足

ダンボールは家にあったものでも良いですが出来たらホームセンターなどに売っている少し厚目のものの方が良いです。

ずっと家にあるダンボールだと湿気を吸っている可能性もあるので使用する前に一度干してから使う方がよいです。

新しいダンボールでも使用前に一度干してから使うほうが良いです。ダンボールはダニが発生しやすいので使用前、使用後にこまめに干しておくのが理想です。

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ