ペルセウス座流星群(2015)が東京都内でも見れる場所と時間は?観測ポイントは?

Sponsored Link

ペルセウス流星群

http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2015/perseids.html

 

「ペルセウス座流星群」って?

1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と共に「三大流星群」と呼ばれていて、8月12~13日に最も多く活動している様子を観測できます。

活動が極大の頃に観察すれば、最大40個以上の流星を観測することが出来ます。

他の2つは冬の時期の流星群なので寒い夜空で観測するという防寒上の心配などもありません。

時期的にお盆休みや夏休みと重なる為、とても観測しやすく人気の流星群です。

2015年の「ペルセウス流星群」が見れるのはいつ?

昨年2014年は月が満月に近い状態だったため、月の明るさで流星群が見えづらかったのですが、今年は8月14日が新月あたり、月明かりによる影響が少ない環境で観測することが出来ます。

ただ、残念な事に2015年は流星群の活動が最も活発になる時間帯が、8月13日15時30分頃の予定で、日本時間では昼間に当たるので一番流星群が多い時間帯には日本では観測することができません。

ただし、最も流星群が多い時間帯からは少しずれるんですが8月12日の0時くらいから13日未明までの間と、8月13日の0時くらいから14日未明までの間は、日本でもペルセウス座流星群を観測でき、多い時には1時間に30個以上の流星を観測できるようです。これでも十分綺麗だと思いますよ。

どこに行けば観測できる?見やすい方角は?

街灯や月が視界に入らない出来るだけ暗い場所で観測するのが絶対条件となります。あともう一つのポイントとしては流星群は非常に広範囲で活動するので1点集中ではなく出来るだけ広い範囲を見渡せるような場所が良いです。大きな公園のような場所が良いです。周りに視界を遮るような物がない場所を選びましょう。

観測する時のポイント

下の図を参考に放射点を中心に幅広い範囲で観測するのが良いそうです。

ペルセウス流星群

http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2015/perseids.html

  • 双眼鏡や望遠鏡などでは広範囲で見ることが出来ないので肉眼で見る方が良いです。
  • 暗さに目が慣れるまでに15分位かかるので最低でも15分間は諦めずに観測してみましょう。
  • 長時間観測したい場合はイスやレジャーシートなどがあった方が良いです。

東京都内で観測しやすい場所は?

Sponsored Link

障害物や街灯などが視界に入りにくい場所が良いので以下の場所で観測することをオススメします。

  • 「夢の島公園」    東京都江東区夢の島3-2
  • 「砧公園」       東京都世田谷区砧公園1-1
  • 「石神井公園」    東京都練馬区石神井台1-26-1
  • 「武蔵野の森公園」 東京都府中市朝日町3-5-12
  • 「高尾山」       東京都八王子市高尾町
  • 「奥多摩湖」      東京都西多摩郡奥多摩町

今回は敢えて東京都内のみの観測スポットをご紹介しましたが、皆さんの住んでいる地域でも広くて街灯の灯りや障害物が無いような開けた場所があると思うので是非観測してみてください。

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ