オコエ瑠偉はリアルカルロス!プロは巨人かロッテ?ソフトバンクも!?スカウト評価

Sponsored Link

オコエ瑠偉選手が「ダイヤのA」のカルロスの実写版リアルカルロスだと話題になっています。

プロへ進んだ場合は巨人かロッテかという噂もありますが、戦力的にソフトバンクの可能性もある!

実際プロのスカウトの評価はどうなのか?

関東第一のオコエ瑠偉のプロフィール

オコエ瑠偉

http://www.hb-nippon.com/interview/1343-intvw2015/…

 

本名:オコエ瑠偉(おこえ・るい)
出身地:東京都東村山市
中学:東村山六中
高校:関東第一高等学校
生年月日:1997年7月21日
身長:183cm
体重:88kg 
ポジション:センター
投げ打ち:右投げ右打ち 遠投105m 50m6秒2

長打力もあり、加速力のある走塁と広い守備範囲と攻走守が非常に高いレベルで3拍子揃った選手です。

ナイジェリア人の父親と日本人の母親の間に産まれたハーフで名前の瑠偉父親のボニーさんが憧れのサッカー選手「ラモス瑠偉」からつけた名前です。

お父さんはサッカー選手にしたかったそうですが、残念ながら野球の道を選びました。

 

ボニーさん、ドンマイ!

 

結果、野球選手として開花してるしね!

関東第一のオコエ瑠偉がリアルカルロスだと話題に!?

オコエ選手が褐色の肌の俊足巧打の選手だから、マンガ「ダイヤのA」のキャラクター「カルロス」に似ている、というか「実写版カルロス」「リアルカルロス」と話題になっています。

一回戦では高校野球史上、1966年以来となる1イニング2本の3塁打を放つなど実績の方もマンガのような活躍を見せています。

オコエ瑠偉のホームラン動画

プロ入りするなら巨人かロッテ?ソフトバンクも可能性あり!?

オコエ瑠偉

引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1439240585/

ロッテ入団の可能性としては母方の「はとこ」にロッテの内竜也投手(30)がいる為、このような噂がありますが、それだけで入団するかどうかは微妙ですね。

 

一方、巨人への入団の可能性はオコエ選手が小学生時代に巨人が運営している「ジャイアンツジュニア」に入団している経緯もあり、巨人側も今までは今大会の「特A」選手として注目されている東海大相模の小笠原慎之介投手(3年)を1位候補にしていましたが、オコエ選手を上位候補に急浮上させたことが8月10日にわかりました。

ちょっと遅くね?

まぁそれだけ小笠原選手も凄いからなんだけど。

 

スター性も抜群ですしね!尊敬する野球選手の一人として巨人の鈴木尚広選手を挙げている事からも指名されれば入団する可能性は十分ありますね。

 

 

ただここ数年、巨人は打てなくて地味な勝ち方が多いので野手が欲しいのも事実なんですけど、去年、獲得した岡本選手が来年あたりにはレギュラーに食い込んできそうですから、無理に野手を獲得するよりは、即戦力投手の獲得が急務と考えているのではないか?

 

そう考えると、オコエ選手、小笠原選手も欲しいところですが、明治大学上原健太選手あたりを狙うような気がする。

貴重な左腕ですしね。

いずれにしても日本だけでなくメジャーも含めた日米10球団以上からのスカウトが視察に来ているようなのでドラフト競合は必至!

2巡目まで残っている可能性は限りなくゼロに近いでしょうね。

現有戦力がほぼ完璧なソフトバンクあたりが将来性を買って1位指名というのもありそうなんですよね。

Sponsored Link

各球団のスカウトの評価

俄然、注目度が高くなっているオコエ選手ですが各球団のスカウトの評価などは以下のとおりです。

「(センター前二塁打に)スカウト歴38年で、あんなの初めて見た。2巡目には確実に消える」(巨人・山下スカウト部長)

「中前への単打を二塁打にして、(守備で)いい返球もあった。衝撃的でしたね。ポテンシャルが高い。甲子園でさらに成長する姿を見たい」(ソフトバンク・山本スカウト)

「打撃に強引さがなくなったし、足と肩もある。外野手では、大学生も含めて能力が一番高い」(巨人・吉武スカウト)

「ウチにいないタイプだし、今後も全部の試合を見るつもり。日本ハムの陽岱鋼になれる素質はある」(DeNA・武居スカウト)

素晴らしい。体が柔らかくて、足がある。スローイングもいい」(ロッテ・永野チーフスカウト)

三拍子そろっていて、右の秋山になれる力を持っている。(ドラフトの)上位に来ると思う」(西武・鈴木球団本部長)

素材はすごい。身体能力が高く、アスリートとして魅力。次回も見たい」(ドジャース・大慈弥スカウト)

プロで通用する肩とスピード。高校生の外野手でトップレベル。打撃はこれからよくなるでしょう」(ヤクルト・鳥原チーフスカウト)

身体能力の高い1番打者として、育ってほしい素材。体が横に大きくなっていけば3、4、5番を打てるように化けるかもしれない」(日本ハム・山田スカウト顧問)

潜在能力が高い。将来性もある」(西武・渡辺SD)

「ウチのドラフト4位・フェルナンドはパワーで勝負だけど、オコエはスピードと守りから(勝負)できますね」(楽天・後関スカウト)

どのスカウトも肩やスピードなどの身体能力や潜在能力を高く評価していますね。

プロに入って即クリーンナップとかは現状では難しいとしても、走塁と守備で実戦経験を積みながらパワーをつけて将来の主軸にと考えている球団は少なくなさそうです。

ドラフト会議、そして今後の動向に注目ですね!

清原、松井を超える!?怪物級の1年生、早稲田実業の清宮幸太郎選手の記事はこちら

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ