ペルセウス座流星群(2015)を大阪府内でも見れる場所と時間。観測のポイント

Sponsored Link

「ペルセウス流星群」とは?

ペルセウス流星群

http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2015/perseids.html

1月に観れる「しぶんぎ座流星群」、12月に観れる「ふたご座流星群」と共に「三大流星群」と呼ばれています。活動最盛期は8月12~13日です。

活動が極大の頃に観察すると、最大で40個以上の流星を観測することが出来ます。

「しぶんぎ座流星群」「ふたご座流星群」は冬の季節の流星群なので寒い夜空で観測するという問題がありますけど「ペルセウス流星群」はその心配などがありません。

更にお盆休みや夏休みと重なる為、とても観測しやすいので人気の流星群です。

 

10月に見れるオリオン座流星群こちら

 

2015年の「ペルセウス流星群」はいつ見れるの?

星を見るためには、周りが暗い事が必須条件となりますが、昨年は月が満月に近い状態だったため、月の明るさで流星群が見えづらかったのですが、今年は8月14日が新月あたり、月明かりによる影響が少ない環境で観測するには好条件です。

ただ、残念な事に2015年は流星群の活動が最も活発になる時間帯が、日本時間の8月13日15時30分頃、つまり昼間なので一番流星群が多い時間帯には日本では観測することができません。

ただ、最も流星群が多い時間帯からは少しずれますが8月12日の0時くらいから13日未明までの間と、8月13日の0時くらいから14日未明までの間は、日本でもペルセウス座流星群を観測でき、多い時には1時間に30個以上の流星を観測できそうです。これでも十分綺麗だと思いますよ。

どこに行けば観測できるの?見やすい方角はどこ?

綺麗な流星群を見るには街灯や月が視界に入らない出来るだけ暗い場所で観測するのが絶対条件となります。もう一つのポイントとして流星群は非常に広範囲で活動するので出来るだけ広い範囲を見渡せるような場所が良いですね。周りに視界を遮るような物がない場所が良いです。大きな公園のような場所がオススメです。

観測する際のポイント

下の図を参考に放射点を中心に幅広い範囲で観測するのが良いです。

ペルセウス流星群

http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2015/perseids.html

  • 双眼鏡や望遠鏡などでは広範囲で見ることが出来ないので肉眼で見る方が良いです。
  • 暗さに目が慣れるまでに15分位かかるので最低でも15分間は諦めずに観測してみましょう。
  • 長時間観測したい場合はイスやレジャーシートなどがあった方が良いです。

大阪府内で観測しやすい場所はどこ?

Sponsored Link

障害物や街灯などが視界に入りにくい場所が良いので以下の場所で観測することをオススメします。

  • 「舞洲スポーツアイランド」大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目
  • 「長居公園」大阪府大阪市東住吉区長居公園
  • 「大阪市立科学館」大阪府大阪市北区中之島4-2-1
  • 「堺市教育文化センターソフィア・堺」 大阪府堺市中区深井清水町1426
  • 「貝塚市立善兵衛ランド」 大阪府貝塚市三ツ松216
  • 「枚方市野外活動センター」 大阪府枚方市大字穂谷4550
  • 「茨木市立天文観覧室プラネタリウム」大阪府茨木市東中条町2-13
  • 「すばるホール」大阪府富田林市桜ヶ丘町2-8
  • 「箕面市教育センター」 大阪府箕面市船場西3丁目8-22
  • 「東大阪市立児童文化スポーツセンター ドリーム21」 大阪府東大阪市松原南2丁目7-21
  • 「緑の文化園」 大阪府四條畷市逢阪
  • 「能勢妙見真如寺付近」大阪府豊能郡能勢町野間中
  • 「永楽ダム」大阪府泉南郡熊取町大字久保
  • 「みさき公園付近」大阪府泉南郡岬町淡輪
  • 「千早城跡」大阪府南河内郡千早赤阪村千早

    今回は大阪府内の観測スポットをご紹介しましたが、皆さんの住んでいる地域でも広くて街灯の灯りや障害物が無いような開けた場所があると思うので是非観測してみてください。

    大きな公園やスポーツセンター、あとプラネタリウムは基本的に星が観測しやすい場所に建設されるのでこういった場所を観測してみると良いと思います。

「お盆の交通渋滞のピークは?西日本編:山陽自動車道・中国自動車道」はこちら

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ