世界陸上・男子やり投げ決勝で新井涼平が金メダルの快挙か!?放送日程

Sponsored Link

男子やり投げで新井涼平が金メダル獲得、日本記録更新の快挙か!?

新井涼平

北京で開催中の世界陸上で24日、男子やり投げの予選が行われ、日本歴代2位の86m83の記録を持つ期待の超新星24歳の新井涼平選手が出場しました。

世界選手権初出場となる新井選手は「メダル獲得のラインは日本記録ぐらいだと思う。なんとしてでも投げたい」とし、決勝に臨み、

日本記録である87m60には届かなかったものの1投目、2投目と順調に記録を伸ばし、最終3投目には決勝進出が自動的に決まる83mを上回る84m66を記録し、予選2位通過しました。

 

やりましたね!

 

日本勢、初の決勝進出です!

 

新井涼平選手は試合後に

(体が前に)つっこまずに、低く投げられた。

今季はできていなかった正面に投げることができた。

しっかりやるべきことができつつある。

3投目は間違いなく、いくという確信があった

と、大会中にコンディションやフォームを修正しながらパフォーマンスが今大会のピークに近づいている自信が伺えるコメントをしてくれました。

 

こうなると、否が応でもメダルへの期待が高まりますね。

本人もそれを当然狙っているわけで、決勝こそ1989年に溝口和洋がマークした日本記録87m60の更新に照準を合わせ、

「決勝に向けて、修正できるところがいっぱいある。まだまだ上げられる。不安はない。決勝では全力で反対側のスタンドにやりを届けるだけです!」と力強くコメントしました。

 

日本勢は非常に苦しい戦いが続いていて、25日現在、メダルだけでなく入賞さえ「0」の状態ですが、新井選手で初の決勝進出も叶い、そしてメダルも十分射程圏内です。

 

予選通過順位

1位:A.ホフマン(ドイツ) 記録86m14

2位:新井涼平(日本)    記録84m66

3位:J.イエゴ(ケニア)  記録84m46

 

予選の記録を見るとドイツのホフマン選手が頭一つ抜けているように見えますが決勝で新井選手のポテンシャルが最大限に発揮されれば日本記録87m60の更新と同時に金メダルの獲得も十分可能性がありますからね!

本人もTwitterで力強く語っています!

これは金メダル獲得も期待出来るんじゃないでしょうか!?

世界陸上男子やり投げの放送日程

新井涼平

http://matome.naver.jp/odai/2141962366192335701

日本勢初のメダル、いえ日本記録更新金メダルに期待して新井選手を応援しましょう!

男子やり投げ決勝:8月26日(水) 20:00頃

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ