iPhone6sは防水、耐水どっち?特許でiPhone7は防水予定。

Sponsored Link

iPhone6s防水機能を期待している人は多いかと思いますが、私は9月9日のAppleの

発表会でiPhone6sの防水機能について発表があることを期待しています。

 

防水機能はなくてもApple Watchのような耐水機能が搭載されるのでしょうか?

Appleが取得したという特許技術による防水機能はiPhone7まで持ち越しなのでしょうか?

iPhone6sに防水機能は搭載されるか?

様々な情報を加味するとiPhone6sで防水機能が搭載される可能性は低いですね。

防水機能にするデメリットとしては、まず基盤やバッテリーの熱を放出するのが

困難になる事が挙げられます。

 

ただでさえすぐ熱くなるiPhoneに防水機能を搭載すると筐体の厚みが増してしまいます。

現行の薄さをキープしながら防水機能というのは相当な技術力が必要になります。

 

元々、防水機能自体が世界的にはそれ程、望まれていたわけではなく、

防水に拘っているのは日本のユーザーだけだなんて言われていました。

 

仮に防水機能を搭載するとしても開発コストが莫大になり、日本のユーザーの為だけに、

Appleが防水機能を搭載させる理由があまりなかったという見方がありましたが

 

ただAppleも電子デバイスが様々な状況で使用されることによって起こる機器の損傷の

原因の一つが水であることは理解していたので、防水機能の重要性は認めていました。

 

今まで防水機能が搭載されていないのは単純に技術的な問題ではないかと思います。

防水よりもその他の性能を優先した

iPhoneの発熱に耐えうる防水機能の開発が難しい

と言う事じゃないかと思います。

iPhone6sに耐水機能は搭載されるか?

iphone7

http://www.patentlyapple.com/

 

では耐水機能が搭載されるかについてですが、これはかなり期待が持てます。

iPhone6sは防水保護等級IPX6であるという情報があります。

 

防水保護等級IPX6がどの程度のものかというのが気になるところですが、

簡単に説明すると下の画像の様な状態です。

iPhone6s

http://www.rime.jp/

3m程、離れた場所から毎分100リットルの水を最低でも3分間注水した状態でも影響が

ない程度なんですが、一般的にはこれは防水ではなく耐水扱いになります。

 

同じApple製品の「Apple Watch」は更に保護等級が高い「IPX7」となっています。

スマホなどと違い、エクササイズ、雨の中、手を洗う時など雨や水に触れる機会が

多い為だと思いますが、これでもAppleは「耐水性能」として「防水性能はない」としています。

 

「水上スポーツやスキューバなど水圧変化の激しい環境では使用しないように」と

言っていることからも、保護等級IPX7のApple Watchで30分水没には耐えられる程度ではないでしょうか。

もちろん、クレーム等を考えてAppleが厳しく設定している事は考えられますが。

私は責任負えませんので、くれぐれも実験などはしないでください。

Sponsored Link

特許取得でiPhone7は防水機能搭載予定

少し気が早いですがiPhone7にはAppleがプリント回路基板に疎水性の「コンフォーマルコーティング」

という独自技術の特許を取得した為、防水機能が搭載される予定となっています。

ipone7

http://www.patentlyapple.com/

防水保護等級などはわかりませんので具体的にどの程度の使用に耐えうるのかわかりませんが、

iPhone6sの耐水以上の性能は期待できそうです。

当初、今秋発売と噂されていましたが9月9日の発表は恐らくiPhone6sでしょうから、

発売のタイミングは少しずれて来春くらいになるのではないかと思います。

ありがとうございました!ではまた!

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ