梶田隆章教授の年収が気になる!東大教授はいくら?ノーベル賞の賞金は1億!?

Sponsored Link

ノーベル賞の賞金や梶田教授の年収は?

下世話な話ですがノーベル賞の賞金額っていくら位か知ってますか?

あと、今回ノーベル賞を受賞した梶田隆章教授の年収っていくらなんでしょうか?

梶田隆章教授の年収ってどれくらいあるの?

梶田教授の年収ってどれくらいなんでしょうかね。

大学教授の年収とか興味ありません?

ちょっと調べてみたんですけど、国立大学の教授の平均年収は1,100万円くらいなんだそうです。

因みに国立大学の大学別の平均年収のトップは東京医科歯科大学の1183.1万円。

東京大学は2位で1159.4万円みたいです。

第1位 東京医科歯科大学 1183.1万円
第2位 東京大学 1159.4万円
第3位 政策研究大学院大学 1143.1万円
第4位 東京工業大学 1128.8万円
第5位 東京海洋大学 1118.9万円
第6位 東京農工大学 1098.9万円
第7位 大阪大学 1095.4万円
第8位 九州大学 1087.3万円
第9位 お茶の水女子大学 1087.0万円
第10位 総合研究大学院大学 1085.4万円

大学教授の平均年齢は57歳なので梶田教授とほぼ同じですよね。

ということは梶田教授の年収は1,160~1,180万円くらいって感じでしょうか。

あくまでもこれは大学から貰う給料ですので講演などの副業も含めれば実際にはこれ以上になります。

 

国立大学の教授が副業をしても良いのか?という疑問もあるかもしれませんが、国立大学の教授は公務員の扱いを受けません。

当然、本務に支障が無い事が前提になりますが、兼業許可申請書を学長または学部長に提出すれば副業は可能です。

但し、副業の理由は教育や研究、地域の発展の為などの社会貢献的な要素が無い業務には認められないこともあります。

国立大学教授の退職金は?

国立大学の教授の退職金は、基本的に勤続年数によって支払われています。

勤続年数の区切りなどは大学によって異なるため一概には言えませんが、

例えば京都大学であれば1年~10年、11年~25年、26年~34年、35年以上といったような感じで区切られているそうです。

 

先ほどもお伝えしたように国立大学の教授は公務員という扱いにはならないのですが公共性が高い仕事として認識されているため、「みなし公務員」という扱いになります。

その為、最近では公務員改革などによる公務員給与削減の影響を受けてその退職金は年々減額傾向にあります。

 

 

Sponsored Link

ノーベル賞の受賞者の賞金っていくら貰えるの?

ノーベル賞の賞金は賞の管理運営はスウェーデンにあるノーベル財団の財源から支払われるのですが、

その金額は大体1,000万クローナと言われています。

 

いや、いくらだよ!

 

って感じですよね。

日本円になおすと約1億5000万円になります!

その時のノーベル財団の財源によって異なるようなのですが、iPS細胞でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授の時は800万クローナ(日本円で約1億2,000万円)だったと言われています。

 

年によって数千万円も違うって、どうなんでしょうね。

 

同じノーベル賞なのに受賞者からするとちょっと納得いかないような気がしますけどね。

 

そこはなんとか毎年同じ金額を支払えるようにして欲しいところですよねぇ。

 

あと支払われるのは賞に対してなので複数名で受賞した場合は均等割か貢献度によって配分がきまるようです。

 

今回の梶田教授はアーサー・B・マクドナルドさんと2人での受賞なので7,500万円前後といったところでしょうか。

 

まあ賞金のためだけに研究していたわけじゃないですけど、意外と安いのかななんて気もします。

 

以上、ちょっと気になった下世話な話でした。

ありがとうございました!ではまた!

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ