桂歌丸は若い頃に嫁と結婚して42歳で孫!?人間国宝の署名てどうよ?

Sponsored Link

桂歌丸師匠の病状が心配です。

落語芸術協会主催のファンイベント「第九回 芸協らくごまつり」にも車いすで登場されていましたし…

一時、腸閉塞で仕事を休んでいましたが、元々痩せ型なので病気と聞くと余計心配になります。

死亡説を流す人はさすがにどうかと思いますが…

今回は桂歌丸師匠について取り上げます。

桂歌丸師匠のプロフィール

桂歌丸師匠、もちろん本名ではありません。

芸名は「桂歌丸」なんて軽くて可愛い名前ですが本名は「椎名 巌(しいな・いわお)」さんと言います。

堅そうな名前ですよね!?

なんか昔の俳優か演歌歌手みたいな。

イカツイ名前だなぁなんて思いましたが、よく考えたら漢字をのものが「厳つい(いかつい)」ですもんね。(笑)

 

1936年8月14日産まれで今年、79歳です。

79歳でも現役なんて病気をしているとは言えお元気ですよね~。

 

出身地は神奈川県横浜市なんですけどこれはちょっと意外ですね。

落語家さんて何故か京都や奈良とかのイメージなんですよね。

発想が貧困ですみません…

 

何故か現住所まで公開されていて(笑)、神奈川県横浜市南区真金町に住んでらっしゃるようです。

区だけじゃなくて町まで公開されていたら1日、真金町あたりをウロウロしてたら会えそうですね♪

 

落語家になるきっかけは中学生だった頃に5代目春風亭柳昇の落語を聴いた事だったそうなんですけど、

もうこの時には落語家になる決意を完全に固めたそうです。

当時の中学生がこの年で将来を決めるってなかなか出来ないことですよね。

それくらい歌丸師匠にとっては春風亭柳昇さんの落語がインパクトがあったんでしょうね。

 

じゃあ春風亭柳昇さんに弟子入りすれば良いのにって思うんですが、

芸能関係に詳しい親戚に誰に弟子入りするか相談した結果「一番面倒見の良い人だから」という理由で、

5代目古今亭今輔を薦められて中学3年で弟子入りしたそうなんです。

さらに、ご本人は後に

噺家(はなしか)になれさえすれば師匠は誰でも良かった

と仰っていました。(笑)

誰でもええんかい!

 

目標は噺家になることで師匠は手段でしかないってこと!?

意外とこれくらいの人が大物になったりするんでしょうかね。(笑)

桂歌丸師匠は若い頃に嫁と結婚して42歳で孫!?

冨士子さんという4歳年上の嫁がいるんですが、同じ真金町出身の幼馴染なんだそうです。

 

師匠の古今亭今輔さんに別の女性を紹介されたそうなんですが、

それを断って(笑)21歳の時に冨士子さんと結婚したそうです。

今よりも結婚年齢が早かった時代とは言え21歳は早いですよね!

 

そしてすぐに娘さんが産まれてパパになったわけですが、

その娘さんも20歳で結婚してすぐ子供(=孫)が産まれたので、

歌丸師匠は42歳にして孫をもつお祖父ちゃんになったそうです!

 

42歳でお祖父ちゃんってさすがに早すぎでしょ!?

因みに若いころ(1979年・当時43歳)の歌丸師匠の写真がこれ。

桂歌丸

出典:michaelsan.livedoor.biz

これ….

どう見てもヤ◯ザやん!?

武闘派じゃなくてずる賢い戦略とか考えそうなインテリヤ◯ザの方ね。

でもなかなか渋くてカッコ良かったんじゃないですかね!?

 

嫁の冨士子さんは現在も「笑点」の大喜利や高座で恐妻としてたまにネタにされています。

2007年に行われた歌丸師匠の旭日章綬章と金婚式を祝う会に夫婦揃って出席した際に公に姿を現しましたが、

それまでは後ろ姿のみで「謎のヴェールに包まれた人物」として扱われていたようです。

歌丸師匠の4つなので現在は83歳くらいだと思います。

桂歌丸

この写真を見ても若い時は美人だったんだろうなぁっていうのがわかりますよね!

だって自分の師匠が勧める女性を断ってまで結婚した人ですからね!

Sponsored Link

桂歌丸師匠の人間国宝の署名てどうよ?

笑点にも出演している三遊亭円楽さんが桂歌丸師匠を人間国宝にしようとネットで署名活動をしています。

HPの円楽師匠の挨拶文が「歌丸師匠は、既にミイラには成りつつあります。…」というネタみたいな冒頭ですが…笑

 

現在3万人を超える署名が集まっているようです。

目標は10万人ということで歌丸師匠の知名度を考えれば10万人という著名は集まりそうですよね。

恐らく、この署名活動で10万人集まったからといってそれで人間国宝に指定されるほど簡単なものではないとは思いますが…

 

歌丸師匠の貢献度を考えれば人間国宝にふさわしい人物だというのは間違いないのでこれについては一切異論はないのですが

人間国宝っていうのは、日本の文化財保護法第71条第2項に基づいて文部科学大臣が決めるものですし、

署名活動で決めるべきものではないのではという気持ちもあります。

 

 

ただ長年、「笑点」だけでなく落語界の大先輩としてお世話になった歌丸師匠に人間国宝になって欲しいという円楽師匠の気持ちは当然わかりますのでこれを否定する気持ちも全く無いですけどね。

私は敢えて投票はしませんが、歌丸師匠に人間国宝になって欲しいという気持ちはあります。

病気が心配ですが、これからも少しでも長く活動をしていただけたらと思います。

そして、署名には関係なく人間国宝になられること強く望みます。

最後までお読み頂き有りあがとうございました。

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ