高橋由伸に監督要請!事実上の引退勧告!?現役続行は?かわいそうじゃね?

Sponsored Link

高橋由伸が巨人の次期監督として球団から正式にオファーがあったことを会見で表明しました。

本人も「兼任監督はない」と言っている以上、事実上の引退勧告を受けたとしか見れないですよね。

長年、巨人に貢献してきた生え抜きの選手が現役続行を望む状況で球団のこの対応は可哀想な気がしますが…

高橋由伸に正式に監督要請!?

今日、高橋由伸選手が球団から正式に監督としての要請を受けたことを会見で発表しました。

12球団で唯一来季の監督が決まっていない、22日にはドラフト会議を控えているという状況から球団が焦る気持ちも分からないではないですが…

 

ただ、原監督が今季で契約が切れることはわかっていたことだし、今シーズンの巨人の戦いぶりを見れば優勝しても勇退する事はある程度予測がついたと思うんですけどね。

江川卓さんの件にしても「話は聞いていない」と言う事でこの段階で何の対策もとられていなかった事が分かりますよね。

高橋由伸への事実上の引退勧告!?

高橋由伸は現役を続けるつもりで自主トレ先を検討していた状況で監督要請というのは如何なものか。

しかも巨人は「選手兼任監督」が務まるほど楽なポジションでないことは球団もわかっている筈。

 

何故、その状況で監督要請をするのか?

これは高橋由伸への事実上の引退勧告としか見れないですよね。

 

思い返すと今季の高橋由伸の代打の場面はチャンスに回ってくる事が多かったですよね。

もちろん、過去の実績を考えれば高橋由伸を代打に送るのは何も不自然な事ではないですが..

 

原監督が打撃不振のベテラン選手を敢えて代打で起用し、凡退を繰り返す様子を見せて干す理由を周りに納得させるというのは有名ですよね。

小笠原道大などの時もそうでしたし。

今季の高橋由伸の代打の全てとは言わないまでも幾つかはそういう意味合いで送り出した打席があったような気がするんです。

原監督は優勝しても今季で辞めるという選択肢も常に視野に入れながら高橋由伸に引退を納得させて次期監督として推薦するつもりだったような…

 

結果、高橋由伸が予想以上にヒットを打ったのでその計画は頓挫した。

というのは考えすぎでしょうか?

Sponsored Link

高橋由伸の現役続行の可能性は?かわいそうじゃね?

10月20日、球団から正式に次期監督として要請されたわけですが、

前述のとおり、高橋由伸は来季も現役を続行するつもりで準備をしていた。

 

「兼任監督はない」というのは球団もわかっていたことだと思うし、長嶋茂雄さんのコメントで「高橋くんしかいない」と言われば球団も他の候補を探すわけにもいかないですよね。

ここまで外堀りを埋められたら「現役続行します」とはなかなか言いづらい。

巨人の監督になるというのは名誉な事だと思うし、球団から正式に要請されたら簡単ではないにしても断る訳にはいかない。

 

「急がない」と言いながらも22日に「ドラフト会議」に迫っているわけですし….

その場に巨人の来季の監督不在というのは高橋由伸としても出来れば避けたいなんて考えているかも知れませんよね。

要は、球団から暗に「22日のドラフト会議に間に合うように決めてね」と言われているような気がして可哀想なんですけどね。

 

高橋由伸の監督は将来やって欲しいところですが、別に来季でなくてもという気が凄くするんですよ。

高橋由伸にはちゃんと自分が納得いく形で現役生活を終えて欲しいと思うんですけどね。

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ