ラグビーW杯のロゴ決定!パクリが心配..デザインは誰?海外の反応は?

Sponsored Link

ラグビーW杯イングランド大会、日本代表は惜しくも予選リーグで敗退しましたが、

南アフリカ戦での大金星や五郎丸選手を筆頭に日本代表選手の粘り強い戦いぶりに日本国内だけでなく世界からも日本のラグビーが注目される大会となりました。

そして2019年のラグビーW杯は日本が開催地として決まっています。

そして10月28日、少し気が早いようにも感じますが日本大会のロゴマークが発表されました。

ラグビーW杯2019日本大会のロゴマークが決定!

ラグビーW杯日本大会組織委員会が10月28日に日本大会のロゴマークを発表しました。

 

ラグビーボールの楕円をアレンジしたベースに日本の象徴である富士山と太陽をあしらったデザインのようだ。

ラグビーボールの楕円が斜めに切り取られているのは優勝トロフィーのイメージも表現しているように見えます。

日本のイメージが詰まった分かりやすいロゴマークだと思います。

まだ4年も先の事ですが、日本でラグビーのW杯の大会が開催されるのは初めてのことですし、

4年後の大会に向けて今のラグビー熱が継続すると良いですね。

 

4年後にはまた新しいスター選手が現れるかもしれませんし。

2019年の日本大会では是非決勝まで進んで欲しいですね。

ロゴマークがパクリじゃないか心配..誰がデザインしたの?

例の東京オリンピックのエンブレム問題のせいで、

ロゴやエンブレム、キャラクターデザインなど至る所に影響が出ていますよね。

 

日本国内だけでなく世界を巻き込む問題となった後だけに、さすがにシビアになりますよね。

 

気になるのは「今回のロゴマークは誰がデザインしたのか?」というところですが、

「フューチャーブランド」という会社がデザインしたようです。

フューチャーブランドは、米国NYに本社を置き、世界21拠点500名以上の専門スタッフを持つ、ブランドコンサルティングファーム。独自のメソドロジーであるブランドアナリティクスやイノベーションに基づき、企業のブランド戦略から、ブランドアイデンティティ開発、社内コミュニケーションプログラム、そしてブランド価値評価にいたるまで、総合的なコンサルティングを行います。

引用:フューチャーブランドのHPより

ブランド戦略や企画、企業広告、コンサルなどを世界規模で行っている会社で、サントリーや武田薬品工業など大手企業の広告を手掛けたり、セブンイレブンやインテルなどの企業ロゴのデザインもしているようなのでパクリ問題については今回は心配する必要はなさそうですね。

シンプルで分かりやすいデザインなのでネットで粗探し的にパクリ要素を見つけて盛り上がるみたいな事にならなければ良いですが…

Sponsored Link

日本大会のロゴマークを見た海外の反応は?

東京オリンピックのエンブレムで世界を騒がせただけに海外の反応も気になるところです。

・きれいだね。オリジナルだといいけど。

 ・とても美しいよ!おめでとう!

 ・クールなロゴだ。

 ・俺は気に入ったよ。

 ・オリンピックのロゴよりはマシだね。

 ・これは素晴らしいよ!なぜこのデザイナーがオリンピックのロゴをデザインしなかったんだ?

 ・ヒールのかかとの跡のように見えてしまうな。

 ・今回、誰のロゴをパクったのか教えてくれない?

 ・とてもいいね。これをデザインした人にはオリンピックのロゴもやってくれればいいけど。

 ・素晴らしいし、クリエイティブだね。

 ・ベルギーのラグビークラブのロゴに似ているな・・・。

 ・富士山と日の出だね。しゃれた感じで素晴らしいよ。

・最高だよ・・・ラグビーボールの中に富士山と日の出があるなんて・・・。

・とても素敵だし、象徴的に使われているのが良いアイデアだよ。

・いろんな意味が含まれていると思うよね。

引用:http://www.yakutena.com/

「オリジナルだといいけど」「オリンピックのロゴよりマシ」「誰のロゴをパクったのか」といった声はやはりありましたが、

デザイン自体については皆さん好印象のようですね。

「ベルギーのラグビークラブのロゴに似ている」という早くも心配な声もありますけど….

 

どれのことでしょうね。。

「リールセ」と「ムスクロン」のどちらかの事ですかね?

楕円を半分にカットしたベースを使ってるだけで他に類似性は無さそうだから大丈夫でしょ?

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ