杉咲花の父・木暮武彦(シャケ)は元レベッカ!MOZUと味の素かわいいよな!

Sponsored Link

杉咲花(すぎさき・はな)ちゃんて、ナチュラルな美少女って感じでかわいいですよね!

MOZUなんか見てると、すっかり大人っぽくなって、もう子役じゃなくて女優としての貫禄が出てきましたし。

将来が楽しみな女優の1人ですけど、きっと大成するんでしょうね。

今日は、杉咲花ちゃんについて取り上げます。

  • 杉咲花のプロフィール
  • 父は木暮武彦(シャケ)で元嫁はレベッカのNOKKO

杉咲花のプロフィール

生年月日 : 1997年10月2日

身長 : 152cm

出身地 : 東京都

血液型 : B型

特技 : 乗馬・書道(準六段)

小学生の時は私が好きな(笑)スターダストプロモーションに所属していましたが、

この時はまだ単発でドラマに出る程度だったので、

まだ本人的にもそれほど女優に対する思いが強くなかったんでしょうね。

その後、スターダストプロモーションは退所しています。

 

2011年4月、中学生になってから女優になりたいという気持ちが強くなり、

改めてオーディションを受け、現在は福士蒼汰さんや杉咲花ちゃんが憧れている志田未来さんもいる研音に所属しています。

(志田未来さんに)たまに事務所で会うんですが、緊張して話せません(笑)。

(もし共演するなら)姉妹の役!

って言うくらいで本当に志田未来さんの事が大好きみたいですね。

 

研音への移籍を機に芸名が現在の杉咲花になったんですが、それまでは梶浦花(かじうら・はな)として活動していました。

この梶浦姓については後ほど説明しますので、ここでは一旦スルーして下さい。

 

そして、研音に移籍した直後の仕事が皆さんもよく知る、回鍋肉を頬張る「味の素 Cook Do」(2011年7月)のCMです。

あのCMで回鍋肉を頬張りながら、ぐっさんこと山口智充さんを見る時に何とも言えない表情をしますよね。

 

あのCMが話題になって「回鍋肉を食べる美少女」として、しゃべくり007にも出演したくらいなので、やっぱり皆気になってたんでしょうね。

このシリーズ見てたらお腹減ってくるわ~。

全国放送のCMでこんなに長い間、同じキャストでオンエアされるCMも珍しいんじゃないですか?

 

初出演当時は14歳だったんですね。

少し幼く見えますが、現在も152cmと小柄な方なので、実年齢よりも幼く見えるんでしょうかね。

あまりメイクをしないナチュラルな感じなので余計にそう感じるのかも知れないですね。

 

雰囲気的に蒼井優さんとか忽那汐里さんみたいな女優になりそうですよね。

もう少しベテランになると深津絵里さんとか。

ああいうナチュラルな女優さんってなかなかいないので楽しみですね。

 

MOZUでは大杉めぐみ役で出演していましたが、

父親役の香川照之さんが演じる大杉良太を睨みつけるシーンなんかは、

今までの可愛らしい雰囲気と全然違ってたので、最初はあの回鍋肉の子だとはわからなかったです。

意外と目力があるんですよね。

 

MOZUは多分、劇場版で完結するので、MOZUの続編はないんでしょうね。

これから、大人になるにつれて色んな役を演じる事によって更に魅力が増していくと思いますけど、

あのMOZUの大杉めぐみ役みたいな普通の高校生役ももう少し見てみたいですね。

 

今や回鍋肉のイメージよりも演技力の高さが話題になるくらいの女優に成長してますよね。

杉咲花さんの演技力はこちらでご確認ください。

Sponsored Link

父は木暮武彦(シャケ)で元嫁はレベッカのNOKKO

杉咲花さんといえば将来、大女優として活躍していくだろうという期待がありますが、お父さんも話題の1つだと思います。

 

お父さんは木暮”SHAKE”武彦さん、通称シャケさんですが、

音楽界ではとても有名なギタリストです。

 なんでシャケなのかは

だそうです。

 

最近バラエティ番組にも度々出演しているダイアモンド☆ユカイさんがボーカルを務める

「レッド・ウォーリアーズ」で伝説的なロックバンドのギタリストとして人気を得ます。

 

当時を知らない人はダイアモンド☆ユカイって得体の知れない胡散臭いロック野郎だと思っているかも知れないですけど、

本当にカリスマ的な人気があったんですよ?

私もあんなバラエティの人になるとは思いもしませんでしたが….。

まだあまりピンと来ていない方もいるかも知れませんが、

レッド・ウォーリアーズの結成以前に組んでいたバンドが

名曲「フレンズ」を持つ、80年代のロックバンドREBECCAと言えば聞いたことはあるんじゃないですか?

そのREBECCAのリーダーにして初代ギタリストがシャケさんこと木暮武彦(こぐれ・たけひこ)さんです。

 

ボーカルのNOKKOと木暮武彦さんはレベッカ結成当時、恋人同士だったんですが

ロック色の強い音楽をやりたかった木暮武彦さんはメジャーデビュー後、

間もなく音楽性の違いでREBECCAを脱退します。

 

そして木暮さん脱退後にリリースし、レベッカの代表曲になった「フレンズ」の歌詞は恋人の木暮武彦さんに宛てた歌詞だと言われています。

そういう事実を知って聴くとサビの

どこでこわれたの ohフレンズ うつむく日は見つめ合って

の方が有名なんですけど

2番のサビの歌詞

2度ともどれないohフレンズ 他人よりも遠く見えて

いつも走ってたohフレンズ あの瞳が愛しい

の方が切ないですよね。

1990年に木暮武彦とNOKKOは結婚しますが、その後、離婚しています。

 

木暮武彦さんは歌手のチエ・カジウラさんと再婚し、

その2人の間に産まれたのが杉咲花さんです。

 

チエ・カジウラさんの事は知らない人も多いかもしれませんね。

アニメ好きなら『マクロス7』で登場するロックバンド「FIRE BOMBER」のボーカル・「ヒロインミレーヌ・ジーナス」の吹替でお馴染みだと思います。

結局、木暮武彦さんとチエ・カジウラさんも離婚してしまうのですが、

杉咲花さんはお母さんのチエ・カジウラさんに引き取られることになったんです。

だから、旧芸名が梶浦花だったんです。

 

父親が伝説的のバンドのギタリストで母親が歌手なんて聞くと、杉咲花さんの歌声も聴いてみたくはなりますが、

もう女優として着実にステップアップしていますから、そんな機会はないんでしょうね。

 

少し、残念ですが来年4月から始まる、朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」にも

美子(よしこ)役での出演が決まっているようなので、女優としての杉咲花さんの活躍に期待しましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ