則本昂大は戦犯か?乱調で韓国戦、侍ジャパン逆転負け!敗因は?プレミア12

Sponsored Link

則本昂大のりもと・たかひろ)がプレミア12準決勝の韓国戦でまさかの乱調!?

6回まで先発の大谷翔平が韓国打線相手にノーヒットピッチングと快勝ムードだった侍ジャパンがまさかの敗戦。

今回の敗因はなんだったのか?試合経過と共に振り返りたい。

侍ジャパンの得点シーン

侍ジャパンは4回、四球を選んだ5番・中田を1塁に起き、6番・松田凡退の後、前の打席でもヒットを打っていた7番・中村晃が詰まりながらもショート後方へのヒット。

スタートを切っていた1塁ランナーの中田は一気に3塁へ。

続く8番・平田は0-1から外角スプリットを三遊間を破るタイムリーヒットで侍ジャパンが先制〈韓国0-1日本〉

 

1死一、二塁の場面で9番 ・嶋が打った打球はショートへの難しいゴロ、併殺を焦ったショートは2塁への悪送球

2塁から中村晃が生還。1塁ランナーの平田も三塁へ進塁。〈韓国0-2日本〉

 

1死満塁から2番・坂本がライト後方への大きな犠牲フライを放ち3点目〈韓国0-3日本〉

その後の経過

〈5回表〉ここまで球数が少なかった大谷がギアを上げ、3者連続三振を奪う

 

〈7回表〉大谷、鄭根宇に高目のストレートをセンター前に弾き返され、この試合初ヒットを許すが後続を抑え、被安打111奪三振でマウンドを降りる

 

〈7回裏〉ノーアウトから坂本、山田が連続四球を選ぶも得点には繋がらず。

 

〈8回表〉大谷の後を受け、2番手としてマウンドに登った則本は150キロを超える速球で韓国打線を翻弄し三者凡退に抑える。

 

〈8回裏〉7番・中村晃凡退後、8番・平田、9番・嶋が連続ヒットを放つも後続の秋山、坂本が倒れ得点ならず。

9回則本が3連打を打たれ1アウトも獲れずに降板

イニングを跨ぎ9回も則本が登板

 

韓国は代打攻勢に出る。

代打・呉載元131キロチェンジアップを拾い、レフト前ヒット

無死一塁、続く代打・孫児葉132キロチェンジアップを叩いた打球は則本の脚に当たり、ボールはセンター前へ抜ける〈無死1、2塁〉

1番・鄭根宇138キロスプリットを三塁線を破るタイムリー2ベースヒットを打たれ、2塁ランナーが生還。〈韓国1-3日本〉

2番・李容圭には左肘に死球を当て、ノーアウト満塁としたところで降板

 

無死満塁、絶体絶命のピンチのマウンドを託された松井裕は3番・金賢洙押し出しの四球を与えて降板〈韓国2-3日本〉

なおも無死満塁。代わった増井がここまで抑えていた4番・李大浩136キロのスプリットをレフト線へのタイムリーヒットを打たれ2者生還で韓国逆転〈韓国4-3日本〉

 

9回裏、日本は5番・中田がセンター前ヒットで出塁するも得点できず、韓国に逆転負け準決勝敗退となった。

Sponsored Link

乱調の則本昂大は戦犯か?敗因は?

結果的に8回まで侍ジャパンの快勝ムードで進んでいた試合がまさかの逆転負け。

9回、1死も獲れずに満塁のピンチを作って降板した則本が責められるのはやむを得ない。

 

その後の松井の押し出し四球や増井が李大浩に打たれたヒットで逆転されたわけだが、

その前に完全に韓国ムードになっていたので彼ら二人を責めることは出来ない。

 

当然、戦犯として則本が槍玉に上がるわけだが、8回を完全に抑えていた則本が何故、突如乱調になったのか

 

代打の呉載元孫児葉に打たれた球はいずれもチェンジアップ

鄭根宇に打たれたタイムリーヒットは138キロのスプリット

 

8回には速球で朴炳鎬、 閔炳憲を早いカウントでアウトを獲っていたのにだ。

 

個人的な感想だが160キロの大谷の速球に比べて、則本の速球は150キロ台前半でそこまで速さは感じなかった韓国打線はストレートに的を絞っていたように思う。

ただ、いくら160キロに比べれば遅いとは言え、150キロはプロでも充分速い。タイミングは簡単には合わない。

 

しかし、9回の則本はイニング跨ぎの影響を考慮してかチェンジアップや変化球中心に組み立てを変えた。

これは恐らく嶋の配球だろう。

 

一見、目先を変えた配球にも思えるが、それまでの大谷の完璧なピッチングと比べると逆に韓国打線にとっては普通の球に感じられたのではないか?

そのまま、速球で押せるなら、まだ悪くはないが、9回頭から松井登板、1人1殺くらい徹底した継投でも良かったのではないかと思う。

 

そもそも大谷完投ではいけなかったのか?

安定感も抜群で7回でもそれほど球威が落ちているようには感じなかった。

 

韓国戦に勝っていれば決勝戦は21日。

中2日で大谷翔平は投げられない。 

 

だったら7回まで1安打の大谷を完投、せめて8回まで投げさせれば良かったのではないか?

あのまま大谷に投げさせれば、失点することはあっても逆転はなかっただろう。

 

完璧なピッチングをしていた投手が降板した直後、継投した投手が打たれるというケースはよくあるパターンだ。

 

短期決戦はちょっとしたことで流れが変わりやすい。

選手起用一つでも流れが変わることは往々にして起こる。

 

敗戦後、小久保監督は自身の「継投ミス」と敗因を述べていたが、これは全くその通りだと思う。

松井、増井に継投するにしてもタイミングが遅かった。

小川、澤村、牧田も控えていたのに何故、則本の回跨ぎに拘ったのか?

 

特に韓国は少しの隙も見逃さない勝利への執念を持っているチームだ。

予選で対戦した時のように圧倒するくらいの勢いで抑えなければ勝てる相手ではないのだ。

特に日本相手に韓国が簡単に諦める訳がない。

予選の勝利で韓国というチームを侮っていたのではないか?

 

抑えが不安視されていた侍ジャパンにとっては則本のイニング跨ぎは一見、安全策のようにも思えるが、

決勝戦も見据えて考えれば則本のイニング跨ぎはある意味、その場しのぎの継投だったのではないか?

守りにいった結果、敗戦。

最後の最後まで攻めきる容赦無い戦い方が出来なければ世界の舞台では勝てない。

Sponsored Link
 

2 Responses to “則本昂大は戦犯か?乱調で韓国戦、侍ジャパン逆転負け!敗因は?プレミア12”

  1. あひる より:

    勝負の世界で終わった後にたらればを言い出したらキリがないね。
    それは敗因を探るのではなくただのダメ出しにしかなっていないよ、記者さん。次に繋がらない。
    そりゃ悔しいよ自分も。勝気な則本とかはもっと悔しいんじゃないかな。
    次回の大会はこの雪辱をぜひ晴らして欲しい。応援してます。

    • mash0079 より:

      あひるさん、コメントありがとうございます。
      仰るとおり、勝負の世界にたらればは禁物ですね。

      恐らくあの敗戦を見た人は則本を戦犯として祭り上げると思いましたが、
      私はそういうスタンスではないつもりなんですよ。
      結果としてピンチを作ったのは則本ですが、私は則本個人の責任だとは思っていないですし。

      ただ、どうしても納得出来ないのは「大谷の7回降板」と「則本のイニング跨ぎ」なんです。
      だから敗因は小久保監督の継投だと思っています。

      同時に今回の敗戦をまだ若い小久保監督は経験として次に繋げてくれるという期待もしています。

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ