馬鹿よ貴方は 平井ファラオと新道おもしろい!要潤? M1決勝!本名全然違うじゃん!笑

Sponsored Link

「馬鹿よ貴方は」がM1決勝に進出!!

ツッコミの新道とボケの平井(ファラオ)が織りなす不思議な空間がじわじわと人気を集めています。

2014年の年末に行われた『THE MANZAI』では惨敗を喫した二人ですが舞台を5年ぶりに復活した「M-1」に移し、虎視眈々とチャンピオンを狙う!

今回は「馬鹿よ貴方は」のプロフィール、本名の他、「要潤」についてお届けします。

「馬鹿よ貴方は」のプロフィール

馬鹿よ貴方は

http://office-kitano.co.jp/

新道竜巳(しんどう・たつみ)

担当:ツッコミ(左)

生年月日:1977年4月15日37歳

出身地:千葉県

身長:177.7㎝

体重:67㎏

趣味:救いのない漫画を読むこと

特技:漫画原作(小池一門),絵を描くこと

免許:無

 

平井“ファラオ”光(ひらい・ふぁらお・ひかる)

担当:ボケ(右)

生年月日:1984年3月21日30歳

出身地:神奈川県

身長:184㎝

体重:64㎏

趣味:音楽鑑賞、古代エジプト考古学、カフェ、絵画鑑賞、落語鑑賞、アンティーク調家具集め

特技:過去バンド経験あり(ヴォーカル)、口笛

免許:無

改めてプロフィールを見て驚いたんですが、左の予備校生みたいな新道が37歳、右の浮浪者(笑)みたいな平井が30歳なんですよね。

どう見ても平井ファラオ光の方が年上ですよね!?

それにしても平井ファラオ光(ファラオってめんどくせぇな。)の趣味がエジプト考古学とか似合い過ぎですよね!

 

なんか変な呪文とか唱えてそう。実際何語かわからん言葉を喋るコントがありますよね。

あれおもしろい。なんて言ってるかわかんないけどあの言葉喋ってみたいわ。笑

誰かカタカナで文字に起こしてくれんかな。

 

新道は小柄なのかと思ったら177cmもあるんですね。ファラオがデカイのか。

 

因みにこの「馬鹿よ貴方は」ってコンビ名、ネタ合わせをするために行ったカラオケボックスで見たカラオケの曲のリストにあった青山和樹という演歌歌手の曲「馬鹿よ貴方は」から取ったらしいです。

演歌っぽい響きだとは思いましたが特にそれ以上の意味はないみたいです。

新道の本名全然違うじゃん!笑

コンビ名のついでに本名の話。

一見、普通の名前に見えるので(”ファラオ”は置いといて)二人共本名だと思ってたんですが、

なんと新道竜巳も平井“ファラオ”光も芸名なんです。

 

平井光が宇井光(うい・ひかる)。

ファラオは宇井のままで良かったんじゃないのか?

宇井なんて珍しい名前だから個性になるのにね。

 

どうでも良いけど平井ファ…..めんどくせぇ、もうファラオでいいわ。

ファラオって松田龍平とオリエンタルラジオのあっちゃんに似てない?

調子が悪い時の松田龍平。

 

そして新道竜巳の本名は

 

濵島 英治郎(はましま・ えいじろう)

 

本名、全っ然違うし!

 

新道竜巳って、かっこいい名前だけど、よく見るとなんかVシネマに出てくるヤ◯ザみたいだな。笑

 

新道は芸人としてはなかなか面白い経歴の持ち主で母親が亡くなった後、父親が新藤より少しだけ年上のタイ人と結婚した為、

実家を売却してタイに移住したらしい。新道のオヤジ、アグレッシブやな。

実家を売却したため、現在は帰る実家がないそうです。いやいや、普通ありえんやろ。。

要潤ってなに?関係あるの?

「馬鹿よ貴方は」を検索すると出てくる「要潤」というキーワード。

 

結論から言うと「馬鹿よ貴方は」と俳優の要潤さんには血縁関係とか友人関係とかがあるというわけではなく、

ファラオが要潤さんを好きすぎるという設定(?)のネタがあるんです。

説明するより見てもらった方が話が早いと思うのでまずこちらを御覧ください。

 

完全にネタにしてますね。笑

何故、要潤さんなのかは分かりませんが、これ本人が見たらどう思うんでしょうね?

まだ要潤さん、ご本人には会ったことないみたいですが、要潤さんも「馬鹿よ貴方は」に会いたがっているそうです。

ご本人からのコメントもあったのでこちらもどうぞ。

 

「要潤さんは終わり」っておい!

 

勝手にネタにしたくせに!

 

村上ポンタ秀一ってわかる人少ないやろ!

いや、村上ポンタ秀一さんは日本を代表するドラマーなのでドラムやってる人からしたら神様みたいな人なんですけど。

さすがにマニアック過ぎる。。

Sponsored Link

「馬鹿よ貴方は」 M1決勝進出!

馬鹿よ貴方は −第4回単独ライブ− [DVD]

馬鹿よ貴方は −第4回単独ライブ− [DVD]
価格:3,240円(税込、送料別)

そんな不思議過ぎる「馬鹿よ貴方は」ですが2008年結成の芸歴6年目の2014年の年末に行われた『THE MANZAI』で認定漫才師50組に選出され、所属事務所もオフィス北野に決定。

初の『THE MANZAI』決勝進出、オフィス北野所属ということもあり、注目されていたが、視聴者による採点”ワラテン”では他のコンビとほぼ互角でしたが、

芸人が務める審査員からは1票も獲得できずに惨敗しました。

因みにオフィス北野所属なのに決勝に進むまでビートたけしに会った事はなかったようです。

 

『THE MANZAI』の後、ビートたけしからは

「間が悪かったけど、お前らこういう芸風だしなあ~。無理に変えるのもよくないか。まあこういう場は初めてだし、しようがない」

と、言われたように、決勝の舞台での「馬鹿よ貴方は」は(言いにくい!笑)本来の独特の空気感や間は会場の空気と噛み合わず、

ただの間の悪い芸人の漫才という印象が強かったですね。

 

新道は『THE MANZAI』決勝進出が決まった時、「これでお笑いだけで食える」と思ってバイトも辞めたという破天荒。

しかも、『THE MANZAI』に出演したら仕事が増えると思ってエッセーを書き始めていたそうです。(気が早すぎ。笑)

かと思えば『THE MANZAI』は”空気にのまれて緊張した”というようにあがり症。

「馬鹿よ貴方は」といえばファラオの異様な空気感に注目が集まりがちですが、この新道も破天荒なのか小市民なのかよくわからない得体の知れない人物ですね。

 

ファラオは見た目の通り、掴めないキャラクターで、M-1決勝のネタ順のくじを引く順番を無視して一番に抽選のくじを引いたり、意気込みを聞かれた際にも

「『THE MANZAI』の決勝に出て、街で声をかけられるようになったから、帽子とかマスクとかをするようになったけど、『M-1』決勝となると、さらにバレるので整形しようかな」

という、煙に巻いたような独特のキャラで存在感を発揮していました。

 

去年、惨敗した『THE MANZAI』の借りを返すべく、単独公演などで1年間修行を積んだ「馬鹿よ貴方は」。

M-1優勝者にはご祝儀的にオファーが殺到するのは間違いないけど、その後、伸びるかはフリートークの実力やキャラ次第。

 

この2人の特にファラオのキャラがどこまでお茶の間に届くかはかなり未知数な部分が多いですが、

M-1だけに関して言えば場の空気と上手く噛み合った時の爆発力は充分あるのではないでしょうか?

 

今年のM-1のダークホース的存在ではないかと思います。

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ