スターウォーズ エピソード4の結末ネタバレとあらすじ!観る順番、初心者はこれから!

Sponsored Link

スター・ウォーズの最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が2015年12月18日から公開されますね!

今回は1977年に公開された『スター・ウォーズ』シリーズの第1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじや結末ネタバレについて。

初心者はエピソード4を最初に観るのが正解

スター・ウォーズが好きな人なら言うまでもないことですが『スター・ウォーズ』シリーズで一番最初に公開されたのが『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』。

 

じゃあ何でエピソード1じゃないのかって思いますよね?

これは公開された『スター・ウォーズ』シリーズを時系列に並べると4番目になるからなんです。

 

公開された当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだったのですが、大ヒットした後にシリーズ化されてから副題の『エピソード4/新たなる希望』が付きました。

因みに公開された年はこちら

アナキン3部作
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年公開)
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年公開)
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年公開)

ルーク3部作
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年公開)
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年公開)
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年公開)

『スター・ウォーズ』シリーズを観たことない方は1から順番に観れば良いと思うかも知れませんが、後に公開される作品を楽しむためには公開された年の順番で観るのが一番面白いです。

 

つまり4→5→6→1→2→3の順番

4~6の旧3部作を先に観てから新3部作の1~3を観たほうが新3部作を観た時に色んな発見がありますし、

新3部作に旧3部作のネタバレがあるのでそちらを先に観ると面白さが半減してしまいますのでご注意。

 

12月18日公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』はエピソード7に当たり、以降2年おきに続編が公開予定になっています。

レイ3部作
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)』(2015年12月18日公開)
『スター・ウォーズ エピソード8(仮)』(2017年公開予定)
『スター・ウォーズ エピソード9(仮)』(2019年公開予定)

Sponsored Link

スター・ウォーズ エピソード4のあらすじや結末ネタバレ

遠い昔、はるか彼方の銀河系での話。

かつて平和だった銀河共和国は崩壊し、平和を保つはずの騎士団・ジェダイもおらず、銀河帝国によって制圧されていた。

銀河帝国に抵抗する少数の反乱軍は、レイア姫のいるオルデラーン星に集結し、一方、銀河帝国は最終兵器である宇宙要塞”デススター”を建造していた。

そんな中、レイラ姫率いる反乱軍はデス・スターの設計図を密かに盗み出した。

銀河帝国の皇帝”パルパティーン”は自分が最も信頼を置く黒い仮面を付けた謎の男”ダース・ベイダー”にデス・スターの設計図の奪還命じる。

そして反乱軍はオルデーランへ帰還の途中、銀河帝国軍の戦艦に襲撃され、レイラ姫は捕まってしまう。

 

レイア姫は養父の友人であるオビ=ワンに助けを求める為、白いドラム缶のような二足歩行のロボット”R2-D2”にメッセージとデス・スターの設計図を託し、R2-D2はよく喋る金色の二足歩行のロボット”C-3PO”と共に船から脱出する。

R2-D2とC-3POは砂漠の星”タトゥイーン”に不時着し、原住生物ジャワに捕獲され売りに出されているところをタトゥイーンの農夫の青年”ルーク・スカイウォーカー”に買われる。

 

ルークによって整備されたR2-D2から再生されたレイア姫が託したホログラムメッセージを見てレイア姫に一目惚れする。

R2-D2は単身でレイア姫のメッセージをオビ=ワンに届けようとしていたが、野盗の襲撃に遭ったところを近所に住んでいる老人”ベン・ケノービ”に助けられる。

 

そしてそのベン・ケノービこそが、ジェダイの騎士として活躍していた”オビ=ワン・ケノービ”だったのだ。

オビ=ワンはルークがジェダイであったアナキンの息子だと知り、ルークにライトセーバーを渡し、自分とアナキン、そしてジェダイを裏切ったベイダーの過去を話し、

レイア姫の救出にルークを同行させようとする。

しかしルークは叔父が許してくれないと断わり、オビ=ワンをアンカーヘッドまで送っている途中、R2-D2とC-3POをルークに売った原住生物ジャワが帝国軍に襲撃されたのを見て、叔父と叔母の元へ帰るが既に襲撃を受けた後で、ルークの叔父と叔母は亡きものとされていた。

 

その惨劇を目の当たりにしたルークは父のようにジェダイの騎士になる事を誓い、オビ=ワンとともにオルデラーンに行くことを決意する。

 

モス・アイズリー宇宙港近くの居酒屋で密輸商人のハン・ソロとオラウータンのような風貌をしたチューバッカを雇い、彼らの宇宙船”ミレニアム・ファルコン号”でオルデランへ向けて出発する。

 

その頃、銀河帝国軍に囚われていたレイア姫は執拗な尋問に抵抗していた。

デススター司令官ターキン総督は、反乱軍の基地の場所を言わなければレイア姫の故郷であるオルデラーンを破壊すると脅す。

レイアはやむなく既に放棄された反乱軍の基地の場所を教えるが、ターキン総督は見せしめとしてオルデラーンをデススターのスーパーレーザーによって破壊してしまう。

 

ルークらが到着した時には、既にオルデラーンは星屑となっていた。

近くにあった衛生に避難しようと近づいたのは運悪く、球体のデス・スターでルーク達を乗せるファルコン号はトラクター・ビームによって捕まってしまう。

”ストーム・トルーパー”の装甲を奪って変装したルークはデス・スターのコンピュ-ターから情報を引き出し、トラクター・ビームの停止方法を知り、

ベン・ケノービが単身、トラクター・ビームの停止に向かう。

 

ルークはソロとチューバッカを説得し、レイア姫の救出に向かう途中、銀河帝国軍の攻撃を受けながらもなんとかレイア姫の救出に成功し、ファルコン号へ急ぐ。

 

オビ=ワンはトラクター・ビームの電源を切り、ファルコン号を目前にダース・ベイダーと対峙する。

ライトセーバーでダース・ベイダーと再び戦うオビ=ワンだったが、ルーク達がファルコン号へ乗り込むのを確認して、何かを悟ったようにライトセーバーを収める。

その直後、ダース・ベイダーのライトセイバーがオビ=ワンに振りかかるが、そこにオビ=ワンの死体はなかった。

 

ルークとレイア姫を乗せたファルコン号はデス・スターを脱出し、反乱軍の基地があるヤヴィン第4衛星へとたどり着く。

 

デス・スターの設計図から弱点を探り出した反乱軍はデス・スターの破壊を計画する。

しかしファルコン号に追跡装置を仕掛けていた銀河帝国軍もヤヴィン第4衛星の場所を突き止めデス・スターの力で基地の破壊を企てる。

 

まさに今、帝国軍と反乱同盟軍の雌雄を掛けた戦いが始まろうしていた。

 

とまぁ、ここで終わるのはシリーズがあるのでしょうがないですが取っ掛かりとして興味が湧いてくれたら嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ