ピース又吉の「花火」が羽田圭介と芥川賞を同時受賞!選考理由と綾部の反応は?

Sponsored Link

ピース又吉、芥川賞を受賞

又吉直樹

出典girlschannel.net

7月16日、第153回芥川賞の受賞選考が都内で行われ、ノミネート全6作品の中から

お笑いコンビ「ピース」又吉直樹さん(35)のデビュー作「花火」が芥川賞を受賞しました。

過去には芸能界から女優中山美穂と離婚後にバラエティ番組にも度々出演していいるミュージシャン、辻仁成(つじひとなり)さんの「海峡の光」(1997年)

同じくミュージシャンの町田康(まちだこう)さんが「きれぎれ」(2000年)で同賞を受賞していますが、お笑いタレントの受賞は史上初の快挙です。

5月に行われた三島由紀夫賞には惜しくも受賞を逃しましたが、今回は嬉しい受賞となりました。

「教科書に載っていた芥川龍之介の「トロッコ」を読んだ事が読書にハマるきっかけになった」

とコメントしている為、少なからず意識していたのかと思いましたが執筆の際は「何も考えずに書いた」とのことでした。

とは言え、自分の人生を変えたと言っても過言でない作品の作者の賞を受賞したのですから実際に受賞してからは感慨深いものがあるのではないでしょうか。

 

なお、今回の芥川賞は又吉さんの「火花」と羽田圭介さん(29)の「スクラップ・アンド・ビルド」が2作同時受賞となっています。

両作品とも素晴らしい内容だけに最終選考でもどちらか一つに絞ることが出来なかったのも致し方ないですね。

今後の又吉さんは本当にオファーが集中して引っ張りだこになりそうですよね!?

モテないなんてよく謙遜しますけど「今モテないといつモテるんですか!?」状態でしょうね!

選考理由は?

Sponsored Link

読書家として有名な又吉さんですが今までの作品はエッセーや短編小説が主で純文学は今回の「花火」が初めてですが元々、太宰治の

大ファンで「純文学を書きたい」という意欲は以前から雑誌のインタビュー等でも語っていたため、長い構想の末、今回の「花火」が執筆されたことが想像されます。

売れない芸人を主人公として描いている為、自身の経験も活かした又吉さんにしか書けないリアリティのある内容になっている事も大きな要因だと思いますが

それだけで受賞出来る程、甘くはなく、長いあいだ愛してきた自分の原点である純文学への敬意があってこそ「純文学としての内容や文体」を高く評価されているからこその受賞と言えます。

 9人の選考委員を代表して会見した作家山田詠美氏は「どうしても書かざるを得ない切実なものが迫ってくる。欠点も多々あるが、何か強いものを感じて、主人公と先輩とのまさに火花がよく書けていた」。
お笑いタレントとして初の快挙に、山田氏は「その人の職業については、選考会ではほとんど出なかった。どんな世界も小説にする普遍性を選考委員の先生方は読み取ったと思う」。又吉が敬愛する太宰治や、山田氏も受賞できなかった芥川賞。初の作品で射止めた又吉に、山田氏は「又吉君うらやましい」と笑顔で祝福した。

 

相方、綾部の反応は?

綾部祐二

受賞前には「(又吉が)芥川賞を受賞すると、コンビ格差がさらに広がるのが怖い。」「ストレスがたまる一方です。」「格差ができすぎて地面に埋まるといわれていますから」

と危惧していたが「次に会ったときには、大先生と呼べるように期待している」ともコメントしていた。

選考発表には「脱毛の仕事が入っている」(謎)との事で同席は叶わなかったが、やはり長い間、苦楽を共にしてきた相方の檜舞台なので嬉しくないはずはないでしょう。

受賞後には「大先生、芥川賞おめでとうございます。これで本格的にアシスタントになる覚悟ができました。これからもよろしくお願いいたします」とやや自虐的にコメントしました。

今後のピースの事と又吉さんが遠い存在になりそうな不安というのはありますよね。これが刺激になって綾部さんも相乗効果で面白くなってまたピースがもう1ランクくらい面白い芸人になると期待します。

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ