羽生結弦 全日本フィギュア選手権速報!4連覇なるか?速報実況

Sponsored Link

羽生結弦、凄すぎですね。

バルセロナ、NHK杯で世界記録更新し、さらにはグランプリファイナル2015でも自身がもつ世界記録を更新しています。

今や日本だけではなく、世界中からも高く評価される世界を代表する選手ですよね。

世界の舞台で活躍するスポーツ選手はたくさんいますが、これほどまでに圧倒的な実績を残している選手は羽生結弦以外にいないですよね。

同じ日本人としては非常に嬉しい限りです。

そんな世界で活躍する羽生選手の演技に対して実際に海外の人達はどんな反応をしているのか気になるところです。

全日本フィギュア4連覇は!?

圧倒的な結果と存在感で日本のみならず世界の男子フィギュアを牽引している羽生結弦が25日から開催される全日本フィギュアスケート選手権で4連覇を目指します。

アクシデントさえなければ4連覇はほぼ確定ではないかと思いますがどんな演技を見せてくれるのでしょうか。

ハードな日程が続いているが羽生選手自身は「短い間隔で試合が続いているけど、いいイメージを持ちやすい。楽しみながらしっかりやりたい」と語っている。

12月25日男子ショートプログラム

羽生結弦(22番/30人中)

やはりオーラが違った。

リンクに入っただけで会場から大きな歓声。空気を一変させる存在感は圧倒的だった。

ショパンのバラード1番に乗せてゆっくりと滑りだした序盤の4回転サルコーで少し左にバランスを崩して、まさかの転倒があったが、

その後は3回転、4回転のコンビネーションも危なげなくこなし、トリプルアクセルは成功。

ミスはあったものの、総合力でカバーし得点は102.63点!

100点を超えてきた。

転倒の悔しさもあったと思うがほっとした表情が印象的だった。

滑走後のインタビューではやはり「悔しい」という言葉が出てきた。

 ハードスケジュールでの体調面も心配されたがそれを言い訳にしないだけの演技は見せてくれた。

24番 宇野昌磨)

「絶対に世界選手権に出場したい」と語っていた通り、ほぼ完璧な演技で

羽生結弦に次ぐ97.94点と高得点を獲得!

ショートでは安定感を欠くという声もあったがそれを覆すような完璧な演技だった。

宇野選手は滑走後、羽生結弦の演技に対して

「素晴らしい演技で、これからずっと目標にしていく選手だと思うので、試合のときにはいつも見ています」

と謙虚な姿勢で語っていた。

全日本フィギュア選手権 最終グループ

25番 田中刑事(倉敷芸術科学大学)

最初のジャンプ、4回転サルコーが2回転になってしまったのが痛い。

74.19点

26番 鈴木潤(北海道大学)

地元、北海道出身の鈴木潤。地元だけに大きな歓声が起こる。

シーズンベストを出したものの悔しそうな表情だった。

61.82点

27番 小塚崇彦(トヨタ自動車)

会場からは大きな歓声。レスペート・オルグージョの情熱的なギターに乗せ、小塚のステップも冴える。

今シーズンは怪我もあり苦悩の多いシーズンとなったが、その苦しみをぶつけるような演技にはキレがあった。

若干のミスはあったものの全体としては非常に良かった。小塚選手の良さは充分発揮できたのではないか。

得点は78.19点!。

28番 村上大介(陽進堂)

冷静に自分の状態を見極め、滑走しながら修正していた。

村上大介の世界は充分に表現できたと思う。

滑走後の笑顔は自身の演技に納得できたからだろう。

83.49点

29番 無良崇人(HIROTA)

ハイレベルな男子フィギュアの中で圧倒的な結果を出し続ける羽生結弦を脅かす存在になるのは無良だろう。

早いテンポにも関わらず、観衆の心を掴むほぼ完ぺきな演技。

得点発表後に思わず出たガッツポーズも自身の演技に確かな手応えを感じたからだろう。

得点93.26点で3位に

30番 山本草太(愛知みずほ大瑞穂高校)

ショート最終滑走は若干15歳の山本草太。

緊張感もあったはずだが負けず嫌いの性格が垣間見える良い演技だった。

ポスト羽生の呼び声も高い山本の演技はまだ荒削りな印象もあるが、今後の期待をさせるには充分な演技だった。

次に繋がる素晴らしい演技だったと思う。将来が楽しみな選手の1人だ。

得点は62.92点

Sponsored Link

ショートプログラムの順位

1位 羽生結弦 102.03点

2位 宇野昌磨 97.94点

3位 無良崇人 93.26点

4位 村上大介 83.49点

5位 小塚崇彦 78.19点 

6位 田中刑事 74.19点 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ