キンコメ解散!相方今野は今後はピンか演技力を活かして俳優として活動か?

Sponsored Link

キングオブコメディの高橋健一が事件を起こして逮捕された。

事件の詳細についてはここでは敢えて触れないが、中堅芸人として今野のビジュアルを活かしたコントがウケていただけに非常に残念だ。

高橋健一は今回の容疑について20年前からの犯行を認めており、一過性ではなく常習性があるため芸能界への復帰はほぼ絶望的と言える。

12月31日、所属事務所である人力舎が高橋健一との契約解除を発表した。

今回はキングオブコメディの今後について取り上げる。

  • キングオブコメディは解散か!?
  • 相方・今野はピンか俳優で活動か?

キンコメ高橋 冤罪で活動自粛とクズ過ぎる食い意地エピソードに闇を感じる….。

キングオブコメディは解散か!?

もちろん、まず思い浮かべるのがコンビ解散だろう。

芸能界では過去にも事件を起こして逮捕されている人も実は少なくない。

しかし、過去事件を起こして芸能界に復帰している例を考えると、一過性であったかということも重要な問題と言える。

比較的軽いものでは道路交通法違反があるが、これらは過失が芸能人側にあったとしても突発的なものが殆どでアクシデント的な内容であれば特にお咎めもなく短期の謹慎で済む例がほとんどだ。

 

重いものではクスリの事件もあるがこれについては、それまでのイメージや事務所への貢献度にもよるがある程度の知名度があれば復帰は不可能ではない。

今回の高橋健一の例でいえば田代まさしが近いかもしれない。

しかし、当時の田代まさしは既に大御所に近い立場であったことと常習性を裏付ける証拠がそれほど多くはなかった為、事件の割に早期の復帰であった。

 

そういう意味で言えば高橋健一はまだまだようやく中堅に差し掛かったところ。

知名度もまだ「誰でも知っている」というわけではない。

運が悪いのがこの年末の特番が多い時期での発覚だ。

年末年始はお笑い番組が多数予定されていて、キングオブコメディも多数のオファーがあったはずだ。

逮捕当日にもエンタの神様への出演が予定されていた。

この年末年始に出演するはずだった番組は全て放送差し替えやカットとなるのは必至だ。

そうなると所属事務所・人力舎へ多額の損害賠償が発生する。

 

それ以前に高橋健一が今回の事件に20年前から関わっていたと考えるとその常習性も含めてイメージが悪すぎる。

その際にキングオブコメディの今後の商品価値と天秤に掛けて守る理由が少ないのは明白だ。 

 

今後についてファンや高橋本人にとっては僅かな期待をしていたかも知れないが、

12月31日付けで所属事務所が高橋健一の契約解除をキングオブコメディの解散を発表した。

プロダクション人力舎 コメント

キングオブコメディ及び高橋健一に関しまして

12月26日に弊社所属タレントの高橋健一が逮捕されましたが、本日付けで高橋との専属契約を解除することとしました。

弊社としましては、所属タレントが刑事事件を起こしたことを重く受け止め、上記処分と致しました。

関係者の皆様・ファンの皆様、また、被害を受けられた方には多大なご迷惑をお掛けしました。

ここに深くお詫びを申し上げます。

 

高橋健一の芸能界復帰はほぼ不可能だろう。

 

 

事件の大小よりも芸能界ではイメージが大事なのだ。

Sponsored Link

相方・今野はピンか俳優で活動か?

解散となると相方である今野 浩喜(こんの・ひろき)の動向が気になるところだ。

ご存知のように決して男前とは言えないビジュアルだが、先日まで放送されていた「下町ロケット」にも出演している。

演技力という意味ではまだ粗い部分も目立つが、その個性的になビジュアルがドラマに妙なリアリティをもたらしているのも事実だ。

 

選択肢としてはピン芸人として活動するか、引退するか、それとも俳優として活動するかという選択肢になると思うが、

ピン芸人としてネタをやるというのは恐らく急な方向転換で本人も想定していないだろう。

今野ほどの個性があれば引退というのも勿体ない気はする。

 

おそらく、20年近く芸能界で陽の目を見ることを目指して活動してきたのだから、ここで終わりたくないという気持ちはあるだろう。

個人的には個性派俳優として活動していくのが結果、今野自身の為にもなるのではないかと勝手な想像をする。

あくまでも個人の勝手な意見だが引退など考えずに個性派俳優として活動していくことを希望する。

最後までお読み頂きありがとうございました。

キンコメ高橋 冤罪で活動自粛とクズ過ぎる食い意地エピソードに闇を感じる….。

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ