巨匠の解散理由は岡野の借金と本田との不仲なのか?(お笑い芸人)

Sponsored Link

巨匠が解散を発表した。

口髭の岡野陽一小太りの本田和之からなる巨匠は2年連続で『キング・オブ・コント』の決勝にも進み、優勝こそ逃したものの最近の若手には珍しいブラックでシュールなネタで独特な存在感を放っていただけに残念だ。

公式発表では解散後、岡野は芸人継続、本田は芸人を引退して別の道を歩むという。

今回は解散理由などについて探ってみる。

巨匠(芸人)の解散理由は岡野と本田との不仲か?

コンビ解散にあたって2人は以下のようにコメントしている。(公式発表から一部抜粋)

本田和之のコメント

僕は、いつからかお笑いに対する限界を感じ、解散を決意致しました。

次にやりたい事も見つかったので、それに向かってこれから一般人として頑張って行きたいと思います!

そして、7年間見守って下さった皆様ありがとうございました!

岡野さんもありがとうございました、借金返済頑張って下さい!

それでは、さようなら!

岡野陽一のコメント

本日をもちまして巨匠を解散する事になりました。

本田が芸人を辞める決断をした為です。

しかし、辞める事は続ける事よりもずっと勇気がいる事だと思いますし、あのいつもニコニコして訳のわからない小道具を7年間何の文句も言わずに作り続けてくれてた本田が、新たにやりたい事を見つけ、その道に向かって行くと決断したのは本当に凄い事だと思いますし、尊重したいと思った結果です。

あんな器用に訳のわからない小道具を作る人の作る料理は絶対美味しいと思うので、頑張って欲しいです。

7年間この気難しい肉虫と一緒にやってくれてありがとう!

僕はおこがましくもまだ芸人を続けさせて頂きたいと思っております。

このコメントを見る限り、岡野はまだコンビを続ける意志があったが、本田の方がお笑いに対しての情熱がなくなってしまったようだ。

本田の公式ブログ内でも度々掲載されているが料理が得意で今後は料理人を目指して活動することになりそうだ。

2人は2008年に現在、所属する人力舎が主催しているタレント養成所「スクールJCA」の同期(17期)として知り合いコンビ結成しているが、岡野が34歳本田は28歳と意外と年が離れている。

本田はコメントでも”岡野さん”と呼んでいるが6歳差というのは意外と大きい。

7年間活動を共にしているのだから特別不仲という訳ではないだろうが、同年代のような何でも言い合えるコンビというよりは「年上でネタを書く岡野に引っ張られる」形で活動を続けてきたという方が正しいだろう。

破天荒過ぎる相方・岡野の存在は売れる芸人としての期待を抱かせるものだったはずだが、7年間という長い時間と30歳を目前に本田の心が折れてしまったのか。

このまま売れないなら一般人としてまっとうな生活をしたいと考えるのも無理はないが、独特の存在感を放っていただけに解散するにはまだ少しだけ早いという気がするのは私だけではないはずだ。

Sponsored Link

巨匠(芸人)の解散理由は岡野の借金か?

巨匠と言えばブラック過ぎるコントのイメージが強い。

巨匠を知る人には有名な話だが岡野陽一には借金がある

その額なんと800万円

 

売れれば完済できる可能性がなくはない額だがまだレギュラー番組を持っていない売れない芸人には重すぎる金額だ。

一般的なサラリーマンなら一生掛けて返済していく覚悟が出来ないと心が折れてしまうだろう。

 

借金の理由は岡野のギャンブル好きによるものだが、ギャンブルで借金800万も作るのはよほどギャンブル運がないかギャンブル好きのどちらかだと思うが岡野の場合は後者だ。

借金800万円があるにも関わらず現在も競馬とパチンコに目がなく週末は競馬場に通っている。

幸か不幸かそのギャンブル好きが講じて競馬場やパチンコ店などで見る人間模様が巨匠独特のブラックなコントのネタ元になっている。 

 

借金が800万円もあるにも関わらずと書いたが寧ろ借金が800万円もあったらまともに働いて返済出来るレベルではない。

ギャンブルか芸人で一発逆転を狙わざるを得ないというのが本当のところだろう。

 

ネタを書いている岡野は解散後も芸人活動を継続するようだ。

ネタは確かに独自性もあって面白いが正直言うと借金800万円という爆弾を抱えた岡野とコンビを組もうと言う人間もなかなか現れないのではないか?

岡野が破天荒過ぎる人生を上手く活かせればピン芸人としても生き残れるチャンスはあるかも知れない。

というか寧ろそれしか方法はない気がする…。

岡野陽一が人生を賭けたギャンブルに勝つ事を期待している。

Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ